FC2ブログ

【入賞者発表】民泊リノベーション学生コンペ

【民泊リノベーション学生コンペ】投票結果発表!
令和元年最初の大型GWに現地説明会を開催し、多数の学生の皆さんに参加いただきました「北堀江ワンルームマンション民泊リノベーションコンペ」入賞者発表です。

グランプリ 「和を感じられる民泊」
提案者 向内 萌さん・伊澤未稀さん
(修成建設専門学校)(登録番号4番)
IMG_4476.jpg
20190616学生応募作品_190701_0012
20190616学生応募作品_190701_0011

準グランプリ提案作品「もう普通の民泊じゃ満足出来ひんやんか!~遊びに行こう!大人の秘密基地~」
提案者 渡辺彩実さん・三坂航大さん・奥野宏紀さん・大西未桜さん 
(修成建設専門学校)(登録番号6番)
20190616学生応募作品_190701_0008
20190616学生応募作品_190701_0007
20190616学生応募作品_190701_0006

に決定いたしました!!!

グランプリ提案作品「和を感じられる民泊」講評
今回のリノベーション場所を提供いただきました
マンションオーナー(建築士会会員でもあります)
からの評価コメントです。

「元々一人暮らし用ワンルームとして利用されていた居室
であるため、民泊として利用するには少し小さい面積でありながら、バルコニーにも気を配りデザイン的に少しでも広く
見せようとするなど、隅々まで配慮が行き届きバランスがよく完成度の高い提案でした。
外国人旅行客を意識した和の意匠を軸に、季節の押し花は訪れる客を目で喜ばせ、畳の香り、落ち着きを感じさせる照明構成や、さりげなく視線を遮る縦格子の間仕切りなど、まさに五感に神経を研ぎ澄ませてアイデアを膨らませた思考方法が素晴らしかったです。
また、無機質な機器や雑多な物をできるだけ覆いすっきりと
見せる工夫にも、旅行者に旅の疲れを癒してもらおうとする細かな心遣いが感じられます。
これから施工を進めていく際には、少し“インスタ映え”を意識して、あまり保守的な内装にならないように、例えば「季節の押し花をどのように魅せるか」などを考えていくと楽しさもあるように思いました。」
実際の管理オーナーですので、質実を考えての評価だと思います。

準グランプリ提案作品「もう普通の民泊じゃ満足出来ひんやんか!~遊びに行こう!大人の秘密基地~」講評
兵庫県建築士会青年委員会会員による審査でしたので、作品に対するコメントを頂きました。

「タイトルがいいですね。印象に残りました。実際、この業界では普通という選択肢がどんどん消えていっています。
口コミに乗れるような何か特色がないと印象に残らず、積極的な集客につながりません。プランの内容については、色々と発展させる部分はあるものの、少し手を加えれば可能です。簡易宿所のような使い方なので、若い人向けでしょうか。可能性を秘めていると思います。
プレゼンとしては、シャワー・キッチンなどについての考えや、安全面・運営面について触れられていないのが残念です。世界観を伝える資料としては申し分ないと思います。」
ある意味学生さんらしい、勢いがあり荒削りな提案が新鮮だと感じます。
惜しくもグランプリは逃しましたが、これを機に、さらに
いろんな建築を見て触って、新しい提案を続けていただきたいと思います。

兵庫県建築士会青年委員長 総評
民泊リノベーションコンペ実施について
今回、学生を対象とした実施コンペを開催するにあたり、物件をご提供して頂いたオーナー様への感謝はもとより一生懸命考え多様な可能性を提案して頂いたコンペ参加学生の皆様へ心より感謝申し上げます。
昨今デジタル技術が進む中、今回の応募作品には手書き表現やスケッチが多く見て取れ、その表現手法からも温もりや気配りが感じ取れる内容が多くありました。沢山の応募作品の中から1つに絞ることは容易でなく作品選出に当たっては白熱したやり取りがあったことは言うまでもありません。

様々な建築空間の中でも住宅を始めとし、宿泊施設では衣食住を最も強く意識して計画していく必要があります。
手に触れる場所、利用者のふるまい、居心地の良さについて徹底的に検討し最適な空間をつくり出さなければなりません。

今回、最優秀に選ばれた学生の皆さんにおかれましては、7月以降に実際の民泊営業のスタートに向けて提案して頂いた空間の実現に向けて臆することなくそのアイディアや技術を試して頂けるよう我々建築士会(阪神支部青年委員会)が積極的に協力して行きたいと思います。
素晴らしい空間をつくり出し、これからの将来に向けての足掛かりになればと願います。
                                      (公)兵庫県建築士会阪神支部青年委員会 委員長 阪本

まずは受賞された学生の皆様
おめでとうございます!

選ばれました提案を基に、兵庫県建築士会阪神支部青年委員会のメンバーと実際に施工を行っていく検討協議に入ります。
提案されたものが実際に作り上げられていく様子を
皆さんもご期待ください。

検討風景、施工状況は順次ご報告いたします。
スポンサーサイト



伝統技術の見学会、最新技術の勉強会のお知らせ

近畿建築士会協議会青年部主催
2019年2月9日(土)ウィングス京都におきまして、「建築を取り巻く今昔 伝統技術 × 最新技術」を開催いたします。
伝統技術の見学会、最新技術の勉強会、意見交換会や懇親会と内容が盛りだくさん!
建築士会員はもちろん、未入会の建築士の方や一般の方の参加も受け付けております。
皆様のご参加お待ちいたしております。
20190119015115c62.jpg

伊丹市新庁舎整備シンポジウム 報告

【伊丹市新庁舎整備シンポジウム 報告】
講演の様子
10月8日、伊丹市主催(共催 建築士会阪神支部)で行われ、約500名(建築士会申込者70名)ご参加いただきました。
市民、学生の参加者も多く伊丹市役所新庁舎への関心、新国立競技場(TOKYO2020オリンピックスタジアム)設計の隈氏への関心が感じられました。
一般の方にも非常に分かりやすいソフトな講演内容で参加頂いた全ての方にご満足頂けたように思います。

この場をお借りして、お礼申し上げます。

会場に展示された伊丹市役所新庁舎基本設計時模型
 基本設計時完成模型
隈氏と伊丹市長、建築士会阪神支部理事三役での記念写真
開催前関係者写真

予告!第16回国宝・世界遺産をめぐる研修旅行

20170921224008-0001.jpg
国宝・世界遺産をめぐる研修旅行も第16回目となりました!
今回は「特別拝観」神が遺した日本の宝と題し「法隆寺」「春日大社」「東大寺・二月堂・正倉院」を訪ねます。
日時:平成29年12月9日(土)
参加費用:建築士会員 4,500円 会員外 5,500円 (昼食代含む)
募集定員:40名
問い合わせ:公益社団法人 兵庫県建築士会阪神支部事務局 TEL 06-6421-2448

※今回の研修旅行には阪神支部と姉妹都市提携を結んでおります宮城県石巻支部からも参加されます。他支部との交流ができる研修旅行です。是非ご参加下さい!

平成29年度 第一回見学研修会 ~ 国宝・世界遺産(京都・滋賀編)のご案内

阪神支部見学研修会のご案内で

「国宝・世界遺産(京都・滋賀編)
    茶室見学と彦根城の研修」 です。

毎年恒例でシリーズ化しております「世界遺産の見学」です。(CPD申請中)
2月にも告知しておりました(今回案内のすぐ下参照)が正式に決まりました。
当初予定していなかったのですが「妙喜庵」が追加!
彦根城も築城410年祭で盛り上がっていますね。

JR尼崎駅集合で、貸切バスにて現地へ。
日時:平成29年5月20日(土)集合8:20~
締切:5月13日

会員の方をはじめ、非会員の一般の参加も募集。
多数のご参加をお待ちしております。

 ・ 世界遺産の見学に興味のある方
 ・ 歴史的建造物に興味のある方
 ・ 一般建築士の方

には、よい企画と考えております。

詳しくは下記のご案内もご覧いただきたいと思います。
2月の告知チラシは参考までに!

29-1.jpg

29年度第一回(告知)170207

兵庫県建築士会阪神支部です。

地域の皆さんが必ず必要とする
「衣・食・住」の一つ建築に関する 知識と技術を扱う建築士。
その建築士たちが集まる団体です。
皆さんの身近に存在する建築士
街の建築士であることを願い
日々活動しています。

建築士一般

建物に関する質問、耐震セミナーに
関するお問い合わせなど
お待ちしています!

siteview

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム